[ ]
25年前に撮った写真を手に尋ね歩くと、湯川さんはすでに亡くなっていたことが判明。
だが奥さんの山中貞子さん(昭和元年生まれ、漢名:湯「米及」霞)を探し当てて
お話をうかがうことができた。戦前、嘉義の軍警察の電話交換手をしていたという