[岡田耕治(陳徳儀)さん 2011年]
岡田耕治さん(2011年)
北京語、プユマ語、ブヌン語、アミ語、台湾語も喋れるが、
ものを考えるのは「生まれときから喋っている日本語」だという