[大石忠義さん]
いまは娘さん(左)の家族と穏やかに暮らす大石さん。
だが北京語ができないために、孫世代とは話が通じない